2007年08月06日

100円ライターケースの制作D

今日はケースの表面の模様となる各パーツを組合わせています。
「ロウ付け」です。

DSCF6412.jpg

銀と銀をくっつけるには、その接着剤として
銀ロウを使います。
小さな銀の破片だと思ってください。
それをフラックスを塗布した接着面に置いて
火をいれて溶かしてくっつけます。

だんだんケース本体が熱で真っ赤っかになるので
見ているだけでもコワイです。なのに
120gもあるアツアツの銀を
ピンセットひとつで支えて作業しているなんて。
う〜ん、ごりっぱ。



posted by 飾工房 増田優子 at 19:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | オーダージュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。