2007年01月08日

親指用の、オーダーシルバーリング

DSCF0054.jpg   DSCF0052.jpg

 オーダーメイドのシルバーリングです。
 親指用に、彼(?)とペアで作りました。

 石は誕生石のシトリン。彼(?)はガーネットで。
 あえて親指用にデザインされているので
 ごつくなりすぎず、邪魔にならず
 でも存在感のあるリング。
 こういうのってなかなかないからいーですよね

 めちゃ似合う。しかもかわいい
ぴかぴか(新しい)
 
 


posted by 飾工房 増田優子 at 14:43| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | オーダージュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サファイア・パール・ダイヤのリング

DSCF72.jpg 
 少し古いデザインのリングから、石と地金を利用して作られました。
 プラチナに5つのサファイアに、パール
 それと8個のダイヤがついています。

 ぱっと見は花のようなデザインですが
 あえてサファイアの配置をずらしたアンバランスさ。
 サファイアの微妙な石の大きさの違いをうまく利用した上に
 ダイヤを曲線で中央に流す
 
 結果的に、アンバランスさがデザイン性を高めて
 さらに全体的にバランスよくまとまるという
 計算では作れないこの職人の感性はすばらしいです

 作るのはかなり面倒で、難しい作業のようです。
 石は同じように見えますが、実は一つ一つ大きさが微妙に違うので
 それぞれの石にあわせて石枠を一つずつ作らなければなりません
 すべて手作業です
 見学しているだけでも疲れてしまいます。
posted by 飾工房 増田優子 at 15:28| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | オーダージュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

オーダーでパールのピアス

DSCF7004.jpg

 黒真珠にルビーのピアスです!
 もともとお客様が持ってみえたものを使いました。
 大粒の黒真珠にルビーが映えて、渋いexclamation
 真珠はやぼったくなりがちだけど
 これなら普段使いにもかっこいいです
posted by 飾工房 増田優子 at 14:12| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | オーダージュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月の誕生石:ガーネット

DSCF0009_0001.jpg ガーネットのネックレス¥14700

 貞操・真実・友愛・忠実を宝石言葉とするガーネット
 赤色が一般的ですが他に、オレンジ色や黄緑もあります
 その色合いも多種多様です。

 同じガーネットでも、構造中に取り込まれる成分の違いが
 色、硬度、光の屈折率や比重などの特性を多様化させています
 
 名前も様々です。
 アルマンディン・ガーネット
 グロッシュラー・ガーネット
 スペサルティン・ガーネット・・・などなど。
 とにかく覚えきれません。ま、名前はどうでもいいです。

 透き通る、深い赤色をもつこのガーネット。
 個人的に好きな石でもあります。
posted by 飾工房 増田優子 at 15:01| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

アクセサリーの修理

 壊れたけど、直してもらえるか分からない
 修理代が高くつきそう
 海外モノ、もらいモノ、どこに持っていけばいいの?

 そんな事でお困りの方は一度ご相談ください。
 うちでの修理はできるだけリーズナブル、
 他店で断られたというものでもできるだけ引き受けています。

 他店で断られる・・・案外多いようです。
 なぜ断られてしまうのでしょうか。

 まずは素材の問題。たいていのものは刻印があり
 それがシルバーか金かプラチナか、わかるようになってます

 
 でも刻印のないもの、
 刻印があっても信用できないもの、
 そして、そもそも貴金属ではないもの。
 修理をするからには素材がはっきりしていないと、ダメなんです。
 
 続いて、石の問題。
 修理の際は火を使います。その高温によって
 石が破壊されてしまうこともあります。
 直す時に石留めがゆるんで石がとれてしまうこともあります。

 そしてやっかいなメッキ。
 メッキの種類によっては、かなり困難です。

 理由は様々でしょうが、直す側も保障の出来ない仕事は
 引き受けたくないのがホンネです。
 続きを読む
posted by 飾工房 増田優子 at 16:30| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | お得情報とお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

お子様誕生のお祝いに。オーダーベビーリング

DSCF0014.jpg 

 直径1.5cmくらいのホワイトゴールドのベビーリング。
 画像わかりにくいですが、8月の誕生石 ペリドットが入ってます

 お子様の名前は8月生まれにちなんで‘えいと‘君
 「EITO」をアレンジしたものが表面のデザインになっています

 お父様がペンダントトップとしてつけられるとのことで
 少し太めのシルバーチェーンを通しました。
posted by 飾工房 増田優子 at 17:50| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | オーダージュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

お店のロゴで、タイピン。前編

ご近所の、とってもおいしい居酒屋「わび助」さん
そこのお店のロゴでタイピンの制作をご依頼されました。
名刺にある、このロゴをタイピンに。
まだ制作途中なので、どうやって作るか簡単に説明いたします


DSCF207.jpg


これをもとに、厚さ0.8cmの銀板をカットしていきます。
とても細かい根気のいる作業です。
糸ノコを使って、ちまちま切っていきます。

DSCF908.jpg

ロゴの部分だけが切り抜かれました。
あとはこの銀板にもう少し厚みのある銀板を重ねて張り合わせます
その段階はまた次回ということで・・・
posted by 飾工房 増田優子 at 14:12| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | オーダージュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

お店のロゴで、タイピン。後編

 居酒屋、「わび助」さんのロゴでタイピン作り、後編です。

DSCF10.jpg

 薄い銀板にロゴを写しカットしてから
 厚みのある銀板に貼り付けたものがこちら。
 貼り付ける、というのはろう付けのことで、
 わかりやすく言うと溶接のような・・そんな感じです
 裏側のピンの部分も同様に、パーツをくっつけます。

 そしてこれに、ロゴ通りに特殊なカラーをいれて完成です

DSCF11.jpg

 いかがでしょう、なかなか渋い出来上がり
 素材はすべてシルバーで、制作費はだいたい3万円くらい

 
posted by 飾工房 増田優子 at 16:19| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | オーダージュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

宝石の鑑別

 ルビーやサファイア、エメラルドなど・・・
 これってホンモノなの?と疑問を持っても
 素人目には分からないものです
 
 どうしても白黒ハッキリさせたい時には
 鑑別書という手があります。
 お高いジュエリーなどにはあらかじめ
 鑑別書がついている場合もありますが
 これは義務付けられているものではないのです

 比重・光学的性質・屈折率など、科学的検査を行った上で
 この種類だと判断されるのが鑑別書です。
 ダイヤモンドのように品質のグレードは示しません。
 (ダイヤは鑑別書ではなくグレーディング・レポートになります)
 
 品質や価値の評価はいっさいなく
 生成起源と種類などを同定するだけです。
 
 その宝石が天然か合成か、もしくは人造なのか模造なのか
 加工、改良などの処理がされているのか・・
 
 鑑別書が欲しい方はジュエリーショップなどに相談しましょう
 店によっては引き受けてくれるとは限らないのですが・・
 費用はだいたい3000〜5000円くらいだそうです
 
 海外などで悪質業者は鑑別書も偽造します
 鑑別書があるからといって、一概に信用してしまうのは危険
 そういう意味では、まだ日本は比較的安全なのかもしれません
 
 
 
 
posted by 飾工房 増田優子 at 15:21| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

シルバーでバックル作り

 「どうですかぁ〜!?」
DSCF0726.jpg DSCF27.jpg 
 シルバー925で、完全手作りの一点もののバックル
 全く初めての彫金、とは思えないほどのデキ
 パチパチ晴れ
posted by 飾工房 増田優子 at 19:14| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金教室のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

シルバーのかんざし。前編

 珍しくかんざしのオーダーをいただきました。
 お客様からこのようなデザインをいただき、制作にかかります

DSCF062_0001.jpg 

 一度にこの形に削っていくのは無理があるので
 いくつかのパーツにわけて作っていきます。
 
 まず中心のデザインをワックスで作っていきます
 これも、最初から円形で削っていくのではなく
 同じ5つのパーツを作って、それをくっつけます。

 DSCF7701_0002.jpg DSCF7702.jpg

単純な形のようにみえるかもしれませんが、
 それぞれのパーツが同じ角度、同じ線
 そしてくっつけた時に円になるように
 繊細な作業が要求されます。
 シンプルな形ほど、実は非常に難しいのだそうです。

 シンプルで美しいものは
 そうしたバランスがとれているからなんですね
 さて、残りのパーツはというと
 地金(じがね)から加工していきます
 銀の棒を、熱をいれたりしながら加工していくわけです。
 続きは次回へ
目
 

シルバーのかんざし。後編

DSCF73.jpg DSC804.jpg
 中央の緑色のはワックス、あとでシルバーになります。
 その他のパーツは銀の棒から加工して作りました
 まだバラバラの状態ですがこれを最終的にロウ付けしていきます

 出来上がりがこちら!
DSCF24.jpg DSC25_0001.jpg
(写真がヘタでごめんなさい)
 めちゃめちゃ渋い感じじゃありません?
 もとは家紋をデザインされたものとか・・
 すべてシルバーで、重量もかなり。
 お値段はあえて伏せさせていただきます。
 ついついお値段以上のものを作ってしまう職人の悪いクセがまた
たらーっ(汗)

 オーダーくださったのは、すっごいかっこいい美容師さん。
 乗ってみえた車もすんごいかっこいいの。
 非常に羨ましかったです。・・人生は残酷だなぁ。
 
 ブログへの掲載にもご協力いただき、誠にありがとうございました。
 このかんざしでアレンジされる髪が、見てみたいですぜひ。
 ブログをご愛読いただいている方のためにも、
 画像お待ちしております!こちらへ!⇒kai@kazarikoubou.net

 この度はホントーに、ありがとうございましたぁ
かわいい
posted by 飾工房 増田優子 at 18:21| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | オーダージュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。