2006年12月03日

12月の誕生石

DSCF3308.jpg

 あっという間に12月でした
 12月といえば代表的なトルコ石:ターコイス

 ターコイスの語源はトルクワーズ 
   フランス語でトルコの石・トルコの女という意味

 原産国はイラン・アメリカ・オーストラリア・中国など(順不同)
 
 アルミニウム、銅、和リン酸塩からなる鉱物で
 アルミニウムの一部が鉄に置き換わると緑色を帯び
 銅が多いと濃い色に
 また水分も含むため乾燥にて退色するなど
 さまざまな色を呈します

 トルコ石は安いというイメージですが
 良質なものはとても高いです
 ただ、合成石も多くなかなか見分けが困難です

 
続きを読む


posted by 飾工房 増田優子 at 15:29| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

12月の誕生石 タンザナイト

DSCF04.jpg DSCF01206.jpg

 12月の誕生石タンザナイト

 1967年、東アフリカのタンザニアで発見されました
 歴史はまだ浅く、新種宝石として有名です。

 「タンザニアの夕暮れの空の色」から由来のタンザナイト
 宝石名はブルーゾイサイト、というのが正式名です

 それまで見られなかったブルーゾイサイトの中で
 きれいな変種が発見された!
 当時これにあのティファニーが目を付け
 大々的にタンザナイトの名前でマーケティングを行ったそうです

 現在でもアメリカを中心に人気を誇りますが
 産出地が限られているため
 日本におけるお値段は安くはありません。


 

 気になるお値段は??
posted by 飾工房 増田優子 at 15:27| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

100円ライターケース 

DSCF0001_0001.jpg

 100円ライターケース作りです
 まず型をとります
 画像左のピンクのがシートワックス。軟らかいロウのようなもの。
 これをライターに巻きます。

 次に緑色のハードワックス。
 これで内側の型、外側のデザインを作っていきます

DSCF0088.jpg
 
 これをもとにシルバーにしていきます
 ここまで作るのにかなり時間を要します

 デザインはお客様の要望に少しアレンジを加えています。
 5万円で、というお客様のオーダーですが
 はっきりいってこれで5万円は安すぎます。
 かなりごついですから。

 でも職人いわく、
 「納得のいくものを作ろうとしたら高くなっちゃった・・」
 
 でも5万円ですからね。
 儲けることより作ることにこだわるのは立派です。
 
 でも困ります
ちっ(怒った顔)
 

 
posted by 飾工房 増田優子 at 15:53| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

BMT ピアス

DSCF9013.jpg

 BMTリングやオニキスペンダントと
 同じ石とライオンを使った片耳用ピアス。
 真ん中のレッドオニキスは初登場
 
 大き目のキュービックジルコニアがトップについているので
 かなり目立ちます
 重さは約6グラムくらい

 男の人へのプレゼントなんかにオススメ
 13000円から15000円くらいです

 
posted by 飾工房 増田優子 at 14:37| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | BMT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

BMTライオンピアス

DSCF17.jpg

 ライオンのピアス
 片耳用で¥3990
 ちょっとかわいめのライオンです

 このライオンでリングも作ってみようとしています
 どうなるかおたのしみにー
posted by 飾工房 増田優子 at 14:07| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | BMT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケシパールのシルバーリング

DSCF216.jpg ¥29400

 うちの職人の師匠さんが作ったリングです
 
 ケシパールという、丸い核のない真珠
 パールはお上品なイメージがあるけど
 これを使うとイメージも一変してしまいます

 ただどのパールも形が均一でなく複雑なので
 同じものを作るのは困難
 一つ一つの珠に合わせてデザインしていくので
 必然的に一点ものになっちゃいます
 
posted by 飾工房 増田優子 at 15:21| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Kai(カイ)特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レッドオニキスのBMTペンダント

DSCF0019.JPG

 意外に男の人に人気が集中。
 赤い石だったら女の人かな、と思ってたんだけど
 男に赤って似合いますね。
 
 ところで、BMTシリーズに度々登場するこの四角い天然石。
 これは山梨県の宝石カット専門のところで
 カット、研磨されてきています

 かつて水晶が採れ、ジュエリー産業の中心的存在だった山梨県。
 そんな土地にはすばらしい職人がいるのです。
 うちが石のカットでお世話になっている方も、この業界では有名な方。

 こうしてネックレスやリングになってしまうと
 そんな職人ワザには気づきもしないのが普通です
 でも安い海外生産には頼らず、いいものだけを作りたい
 分かってもらえなくても
 このこだわりだけはゆずれないと、職人が申しております
 
 
posted by 飾工房 増田優子 at 17:40| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | BMT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

ルビー入りのアフリカペンダント

DSCF08.jpg

 ノーマルタイプはもともとダイヤモンドでした
 でもいろんな石を使っても面白そう
 そんなわけでルビーをいれたのがこれ

 ご希望で他の石でもできます
 ペアには誕生石とかおすすめしてます
 どうぞご利用下さいパンチ
posted by 飾工房 増田優子 at 15:43| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | BMT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

100円ライターケースの完成

DSCF0021.jpg DSCF0022_1001.jpg

 オーダーのライターケースの完成です

 クリスマスプレゼントに、彼女から彼へ
 かっこいいです!こんなのもらったら嬉しいですよね
 
 タツノオトシゴはお客様のオーダーで
 その他のデザインは職人が考えて作りました
 全体にゆるやかなカーブを描いているので
 手に持ったときの感触もGOOD手(チョキ)

 もちろん中身のライターの取替えは可能

 ただし重いので、足の先などに落とすと
 間違いなく骨折します。
 気をつけて。

 
 
posted by 飾工房 増田優子 at 18:52| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | オーダージュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

BMTオニキスペンダントのラスタカラー版

DSCF0425_0001.jpg

 雑誌掲載の時にオリジナルで作ったものです
 画像では分かりにくいかもしれませんが
 従来のものにラスタカラーを入れてみました

 石の角をランダムに削り落として
 そこに特殊なカラーを流し込んであります

 一つ一つ、石の性質に合わせて手で削っていくので
 全く同じものは作れません。
 その石を削る作業も容易ではないので、量産は不可能。
 いま店頭に一つありますが売れたら、
 たぶんしばらくでてこないと思いますふらふら
 
 お値段は、そのまま。
 どうでしょ。
 
 
posted by 飾工房 増田優子 at 14:18| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | BMT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

カラット

語源が「豆」のカラット。

重さの単位がまだ統一されていなかった時代。
乾燥させると、どの実もほぼ均一な重さになる豆がありました。
これは便利ひらめき
昔の人はその豆を、重さの基準として用いたのです

豆の名前は、キャロブ(ギリシャ語keration)
その名からカラットという重さの単位ができました
1カラットは0.2gです 

イナゴマメとも呼ばれるこの豆は、地中海沿岸原産。
チョコに似た甘い香りをもちながらも
ノンカフェイン、コレステロールフリー。
しかもビタミンなどの栄養素も含むナイスな食品。
犬用のケーキなどにも好んで使われているそうです。



posted by 飾工房 増田優子 at 16:21| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彼女へ、オーダーシルバーリング

DSCF0029.jpg 

 この時期はプレゼントオーダーが目白押しです。
 これは母岩オパールのシルバーリング
 彼女へのプレゼントにと、
 お客様が石を選んで、デザインを一緒に考えて作ったものです

 画像では分かりにくいですが石枠だけ18金
 リング部分はねじったような感じになっています。
 かっこいい。これでも女物です。
 
 イメージを決めたら、一気に作り上げてしまいます。
 それでも、他では買えないような大胆なデザインを
 バランス良く仕上げてしまうところに、職人のセンスを感じます

 クリスマスまであと1週間。
 こうしていろいろなプレゼントの形を見るたび、
 贈る人、贈られる人。気持ちを考えると、私もちょっとハッピーです
 
  
 
posted by 飾工房 増田優子 at 17:17| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | オーダージュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

既存のリングに好きな石を入れて

DSCF2208.jpg DSCF03.jpg

 もともとは石の入っていないモデルに
 お客様の好みで石を入れたものです。
 オーダージュエリーとはいかないまでも
 プチオーダーって感じです。
 
 石の選択・組合わせも自在なのでオリジナルができあがります。
 この他のリングやペンダントでもほとんどそれが可能。
 オーダーするより価格も低いのでオススメです。

 これはピンキーリングに。
 これもまた独特なデザイン。でもかわいい。
 意外と手になじみます。

 石は真ん中がロイヤルムーンストーン。
 少し青みがかった光を出す、カットの入ったムーンストーンです。
 上下の二つはタンザナイト。
 
 ピンキーリングはほとんどが小ぶりで
 女性用となるとかわいい感じのものがほとんどだけど
 これはちょっとオトナ風味で、いいですね
 
 

 
posted by 飾工房 増田優子 at 14:09| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | オーダージュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

豆知識:ゴールドの色

ピンク、イエロー、グリーン、レッド、ホワイトゴールド・・
ゴールドにもいろんな色がありますね。

金の純度を示す、世界共通のK(Kt)
K24というのが純金です

K18というのは24分の18(750‰)が金で
残りの24分の6は銀や銅などのほかの金属です。
日本ではK18が中心ですがアメリカではK14,
イギリスではK9だったりします。

金に混ぜる他の金属。
主に銀と銅の量によって、色が変わるのです。

銀を多くすれば白っぽくなり遂にはグリーンゴールドに
銅を多くすればピンクからレッドへ。
なので例えば、一言にピンクゴールドと言っても
銅の割合によってピンク加減が微妙に違ったりします。

ちなみにホワイトゴールドは、
銀や銅ではなくパラジウムという金属を混ぜたものです。

一時流行したカルティエの3連リングは、
多様なゴールドの色合いをうまく使った
ピンク・イエロー・ホワイトの、スリーカラーゴールドでした。
このリングの歴史は1925年からと、かなりなものです。

img10591008889.jpg


posted by 飾工房 増田優子 at 15:01| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

おうちでリングを作ろう!その@

アートクレイとかじゃなく
ハードワックスで本格的に作ります。
最低限の工具を購入したらスタートです。

060921_210541_M.jpg  まずは型となるワックス。
 もともとはこんな大きさのをカットして使います。
060921_211115_M.jpg だいたいこんな大きさで。DSCF1.jpg

そしたらまずリングの内側をサイズに合わせて削っていきます。
(ワックスの種類が違うけど気にしないで)
内側がまーるくまーるくなるようにヤスリで削ります。

ヤスリじゃなくても、もっと便利な道具もあります。
お金に余裕のある人は買いましょう。

指にはめるのでまん丸が理想だけど
多少のゆがみは後で直すことができます。

まずはここまで頑張ります。
続きはまた明日
手(パー)
posted by 飾工房 増田優子 at 19:06| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金教室のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

おうちでリングを作ろう!そのA

昨日はリングの内側を削りました。
お次はアウトラインを削っていきます。
 
まずはリングの厚みを決めて、側面に線をひきます
ケガキコンパスとかカニコンパスと呼ばれるものを使います

DSCF12.jpg
 
 初めての時は、削っているうちに削りすぎることがあるので
 気持ち太めからいった方が無難かもしれません。
 リングの両側面に均等に線をひきます。

そしたらその線まで、外側をヤスリで大まかに削り落としていきます。

DSCF1013.jpg

この時気をつけるのは、一箇所を集中して削らないことです。
とにかく丸く丸く。上からも横からも側面からも
均一な厚み、幅になるように。これが結構難しいかもしれません。

ちなみにヤスリは手前にひくのではなく、押したときに削れます。
おうちでやる時は、ワックスの粉がでるので
新聞紙か何かで受けてやるとあとがラクです。

削る時、ワックスを力いっぱい握ってると、
パキッと割れて悲しいことになるのでご注意を。




 

ペアネックレス

DSCF018.jpg

 これをオーダーされたのはうちの職人の友人でもある
 プロのサーファー。ということはやっぱ波ですよね
 
 ひとまわり大きい男性用は波と太陽、
 女性用は波とハートをデザインして作られています。

 ペアでもちょっとテイストを変えているので
 ベタな感じがなくておしゃれです
 こーゆーペアモノならこっぱずかしくないですね
posted by 飾工房 増田優子 at 14:20| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | オーダージュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

おうちでリングを作ろう!そのB

  おおまかにアウトラインを削り落としたら、
 油性のペンで、ワックスにデザインを書きます
DSCF21.jpg 
 あとはもう、頑張ってデザイン通りに削っていくだけです。
 使用するのはヤスリ、彫刻刀など、削れるものならなんでも構いません。
  
 ワックス専用のものでなくても
 ホームセンターや100円均一で売っているものでも使えます。
060922_182824_M.jpg soon 060923_152708_M.jpg

 こんな感じでだんだん形になっていきます。
 *上下の画像でワックスの種類が違いますが気にしないで。

 どう削ったらいいのかわからなくなったら
 聞きに来て下さるか、電話での問い合わせもOK.
 デザインによっては工房にある機械が必要になることも。
 気兼ねなくご来店を。
posted by 飾工房 増田優子 at 16:46| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金教室のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

おうちでリングを作ろう!そのC

DSCF0033_1001.jpg

 こんな道具があると便利です。赤いのはルーターといい
 削ったり磨いたりするのに使います。
 歯医者さんで使ってる道具と似てます。 
 これがないと出来ないこともありますが
 当教室の方ならいつでも無料で工房で使えます。

060923_162401.jpg 061020_194818.jpg

はい。頑張ったらできました。
 ドレッドライオンのリングが完成です。

 この時点でキズ、へこみ、歪み等があると
 シルバーにした時そのまま出てしまいます。
 そうなると修正が困難になるので
 できるだけきれーに仕上げるようにしましょー。

 次回はコレを鋳造し、シルバーにします。
 この作業はプロにお任せです。
 
困ったときは・・
posted by 飾工房 増田優子 at 15:03| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金教室のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。