2006年11月26日

誕生石の起源

 誕生石の起源はキリスト教に関連しています

 旧約聖書「出エジプト記」
 イスラエルの祭司たちのための祭服の裁きの胸当てに
 12の宝石を並べてつけなさいと
 シナイ山で主がモーセに指示したもの。
 
 12の宝石はユダヤの12部族を表すものだったが
 これが後に12ヶ月に割り振られたのだそうです
 
 その月の石がお守りとされ身につけられるようになったのは
 18世紀頃、ポーランドに移住したユダヤ人が広めたもの
 とされています

 1952年に統一されましたが
 産出状況などによって、各国少しずつ異なったものになっています


posted by 飾工房 増田優子 at 15:19| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。